乾燥肌に大島ツバキ油

2009年7月30日 03:13 | コメント(0) | トラックバック(0)

カサつく肌のかゆみに!メンソレータム ADクリームa 145g 【第2類医薬品】

 

乾燥肌とは、肌の潤いを保ち、汚れやバイ菌、外からの刺激から肌を守る皮脂膜が不足している状態です。
そのため、乾燥肌にはこの皮脂膜に代わって肌を守る保湿剤が必要となりますが、口コミで広がってヘアケアの定番となっている大島ツバキ油をご存知でしょうか。この大島ツバキ油は、乾燥肌にも効果があると評判になっているようです。
大島ツバキ油はもともとは食用オイルで、主成分は「オレイン酸トリグリセリド」です。この成分が人間の皮脂の成分と同じであるため、肌へ自然に馴染み、乾燥肌の大敵である紫外線から肌を守ってくれます。
また、ツバキ油はオレイン酸を最も多く含む植物油で、酸化しにくいため、品質が落ちにくく肌にも安心です。酸化しにくく乾きにくい油脂で、スーッと肌に馴染み、保湿剤としては最適です。
この大島ツバキ油は、伊豆大島では古くから親しまれており、食用、肌用、髪用に万能のため近ごろの自然健康ブームであっという間に広まりました。
食用に使えるものですから、乾燥肌の人は肌に直接塗るのはもちろん、冬にはリップクリーム代わりに唇に塗っても安全です。
乾燥肌が悪化して敏感肌になってしまっている人も、添加物の入っていない自然のツバキ油なら心配不要ですから、是非試してみると良いでしょう。

 

 紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

乾燥肌にロクシタンのシアバター
冬の乾燥肌対策に、ロクシタンのお店で人気のシアバターがいいと聞きますが、シアバターとは何でしょうか。
乾燥肌に大島ツバキ油
そのため、乾燥肌にはこの皮脂膜に代わって肌を守る保湿剤が必要となりますが、口コミで広がってヘアケアの定番となっている大島ツバキ油をご存知でしょうか。
漢方で乾燥肌治療
個人の体質や症状によって処方されるものは違ってきますが、乾燥肌治療に用いられるものには次のようなものがあります。
乾燥肌のスキンケア
乾燥肌を解消するためには正しいスキンケアをする事が大切で、まずは自分のスキンケアが間違っていないか見直しましょう。
乾燥肌に良い食物
乾燥肌に必要な栄養素には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、不飽和脂肪酸、アミノ酸などがあります。
乾燥肌に有効な保湿成分
肌の乾燥を防ぐには、保湿する事が大切です。乾燥肌に有効な保湿成分には、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、セラミドなどがあります。
乾燥肌とかゆみ
肌が乾く、つまり乾燥肌とは皮膚の一番外側にある角質層が乾いている状態です。 角質層の水分が失われ乾くと、肌はかゆみを生じ、皮膚を擦る事でそれを解消し、肌が乾燥しているという異常を伝えようとします。
乾燥肌の原因
乾燥肌の原因の実に70%が過度の洗顔や体をごしごしと洗いすぎた事が原因だと言われています。冬には熱いお風呂で温まりたいものですが、暑いお湯に長時間浸ると皮脂が抜けて、皮膚の水分が出ていきます。
乾燥肌には水分補給
【尿素10%+ビタミンE+痒み止】痒みを伴う乾燥肌にパスタロンSEローション ...
乾燥肌とは
乾燥肌とは、空気の乾燥などにより皮脂膜が不足し角質層の水分が10%以下になった肌のことを言います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1054

コメントする



このサイトを購読する